かけもち生活

SMAPとKis-My-Ft2とKAT-TUNが好きです。

2015年に描いた2016年と、現実の2016年と。

一年前の今頃まで、2016年がとてつもなく楽しみだった。

 

ツアーが終わったばかりで追加の名古屋公演も盛り上がったキスマイ。

(ハロウィン仮装ありがとうと初めて思った)

2016年は、デビュー5周年、舞祭組のアルバムも出てイベントもあるかもしれないなー♪

って思ってた。

 

初参戦した9uarterライブDVDが特典映像も含めてすばらしい形でリリースして、

オーストラリアロケもめちゃくちゃ楽しかったKAT-TUN

2016年は、デビュー10周年、ファンになったばかりだったから来年はがっつりひたりないなー♪

って思ってた。

 

55枚目の新曲もカッコよすぎて、パラサポに就任して2020年のことも話してくれて、まだまだ進化していくんだと驚かされたSMAP

2016年は、デビュー25周年。スマスマ20周年で特別企画かな。56枚目のゴローシングルに、ライブツアーに、またメダルもらったらどうしよう(笑)、金なのかなー♪

って思ってた。

 

応援しているグループが揃って2016年がアニバーサリー。

5年前は、どうしても控えめになってしまったから…

今度こそ。

盛大に。

お金は飛ぶけど!!日程かぶるかもだけど!!

そのために、ちょっと節約しようかと思っていて、

もう、すっごくすっごく楽しみだった。

 

 

なんだけどな。

そうなるはずだったんだけどな。

 

2015年11月24日。

楽しい未来が、具体的に描けていたけれども、約束されてなかったこと気づかされた。

 

そのショックも癒えぬ間に、2016年1月13日。

 

What is 充電?と固まった、2016年2月13日。(ちょうど1か月後だったか)

 

なんだか無力感でいっぱいになった、2016年3月31日。

  

ほとぼり冷めたかと思ってたのに、ダメ押しの、2016年8月14日。

 

今年も、もうすぐベスアだということで、

どうしても振り返らずにはいられなかった。

このグサっとくる感じは、いつまで続くのかなぁ。

これから年末の音楽番組がたくさんあるけども、そのたびに凍るんだろか。

 

もちろん、2016年楽しいこといっぱいあったよ。

キスマイのI SCREAMツアーはサイコーだったし、

KAT-TUNの10Ksは泣いて笑って泣いて忘れられないライブになった。

SMAPだってさ、スマスマ年始のフィーリングカップルデート(信じられないけど、今年オンエアなんですよ!!)萌えたし、「明日へ」のパフォーマンスはさすがだった。スマスマ S-Liveは信頼と実績を毎週自己ベスト更新し続けている。

 

そして、ファンの団結力を、20年超えるジャニヲタ生活でここまで感じたことなかった。SNSの中だけかもしれないけれど、ほんと「呼びかけ」すごいんだよ。いろんな場面で、どのグループも。

特に、スマ担とカツ担は、グループが見れないなかでの、雑誌やテレビのアンケートへの投票の勢いあって、おハガキたくさん書いて。CDの購買運動もある。

世界に一つだけの花」が、2016年に290万枚台になるなんて、考えたこともなかった。

すべての「呼びかけ」が正しいとは思えないけども、

ここまで強く想われるってすごい。本当にすごい。

 

 

でも、思うよね。

なんで5周年を記念するCDやイベントがほしかった。

舞祭組のために中居くんが制作した曲、4人が作った曲(っぽい)が聞きたかった。結成3周年の舞祭組がもっともっとちゃんと見たかった。

新規の仕事(とくに演技系)がファンの数に比べて不自然に少なく感じてしまう。

 

やっぱり、4人でずっといてほしかった。

レギュラー番組は続いていて、各音楽番組で10周年祝いメドレーもして欲しかった。

 

スマスマだって、20周年なんだよ?

ゴローセンター(の期待の)新曲のはずでしょ?

SEE YOU AGAINって、ライブDVDにテロップ入れてたじゃん。

 

そうだったら、きっともっと楽しかった。幸せだった。

あと「1年」すべてに、待っていてほしかった。

ちゃんと、ド派手にお祝いしたかった。

言いだすとキリがなくて、ほんとぐらぐらしてくるけども。

12月がこわくてこわくて仕方ないけども。

1月のイメージがなにも描けないけども。

 

だけど、2016年はまだ44日「も」残ってる。

一年前、こんな未来になると思ってなかったように、

逆に、残りの2016年だって、そして2017年に一発逆転するかもしれない。

 

最低最悪にしか思えなくて、浮上の糸口が見えなくても、

希望は捨てない。捨てたくない。

時間がかかってしまったとしても、また最高の景色が見えるかもしれない。

一瞬の機会を掴めば。

そして、私が大好きな人たちは、

その「機会」を掴める人たちだって信じている。

 

だから、今日も明日も。ずっと。

SMAPKAT-TUNKis-My-Ft2が大好きです。